100均グッズでレフ版と撮影コーナーを作ってみたよ



基本的に「なんでもやる課」のフリーライターのため、写真素材と一緒に原稿を納品することがあります。

外で撮る写真については、カメラの性能に頼って「なんかそれっぽい」写真を撮ることもできるのですが、「室内でモノを撮る」のは案外難しい。

背景の映り込みも相まって「あー、なんか素人が自宅で一生懸命撮ったのね」感ぬぐえず(;´・ω・)

もうちょいなんとかならんのか(しかし金はかけられぬ)と思い、愛する100均に助けを求めました。

そうだ、100均グッズで撮影コーナーを作ろう

「ブツをかっちょ良く撮るために参考にすべきは……そうだ、マリカーができるくらいスクロールが必要な楽天の商品写真を参考にすればいい!」と思い立ち、こちらの本を読みました。


ネットショップフォト講座 自然光を使った撮影テクニック [ せきねおさむ ]
カメラの細かい仕様がよくわからない人にも大変わかりやすい良本でした。

こちらによると「イケてる商品写真を撮りたいときは、レフ版があると良いよ!」とのことだったので、100均グッズでレフ版を作ることにしました。

100均レフ版の作り方

必要なものはこんな感じ。

・白色の厚手の画用紙(A4サイズかそれ以上がおすすめ)
・白い粘着テープ(セロハンテープでもいいのかも)
・保温アルミシート(アルミテープでも良いよ)

模造紙は撮影コーナー作りのときに使います。

白レフ版の作り方は超簡単。画用紙2枚をテープではりつけて完成です。

こんな感じで自立すればOK!シンプルですが使い勝手良いです。

シルバーのレフ版は、こんな感じで画用紙を保温アルミシートでくるみます。

保温アルミシートが見つからなかったら、アルミテープを全面に貼っても良いかと。

で、同じように2枚をはりあわせてできあがり。

簡単だけど、レフ版があるだけでちょっとプロっぽい(あくまでも気分の問題です)。

100均撮影コーナーの作り方

作り方ってほどでもないですが……。
無地の白模造紙を買ってきて、窓際にぺったりするだけです。

ゆるーいカーブをしわにならないように作って、マスキングテープなどで固定します。
模造紙の色を替えれば雰囲気もかえられます~。

「フロッシュ様がお入りになりました!」
「はいっ、撮影開始いたします!」

おおっ、なんかそれっぽくなったぞ……!!

数百円でぐっと写真がそれっぽくなるよ


光の反射が下手っぴぃだけど背景はスッキリしたぞ!

100均の模造紙はサイズがそれほど大きくないので(私が買ったのは545×788mm)、ちょっと大きめのモノになると難しいですが、小物を撮影するという方には十分ではないでしょうか。

自宅でブツを「気軽にそれっぽく撮りたい」と思われる方は、一度試してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です